Variety of Englishes on the earth, new literatures from them

It is said that hundreds of millions or a billion people speak English on earth.
350 million people as native English speakers,
the same (or more) as non-native English speakers.
As for the latter, some of them may be emigrants to English speaking countries,
and others may be people of post-colonial countries.
Formerly most of English literature came from England or America,
but now it comes from everywhere on earth,
and it is written by various people whose mother tongue is not always English.

Even if it is written in the same English, it will have some new resonances
by changing places, by changing culture, by changing humanity.
Sometimes characters names are unfamiliar, sometimes you hear a local language in stories.
Even with the same English words people may change usage or nuance by local customs.

We are searching short stories (or essays) of English language literatures on earth,
we are enjoying various viewpoints, expressions, ideas... from authors.
Like birds easily going over any borders, writers sing a song in their language.
To listen attentively to the birdsongs is the aim of our project.




地球上のさまざまな英語、そこから生まれる文学

地球上で英語を話す人々は数億から十億といわれています。
英語が母語の人が三億五千万人、第二、第三言語としてつかっている人が同じかそれ以上。
母語ではないけれど英語をつかう人のいっぽうに、英語圏への移民の人々がいて、
もういっぽうに、イギリスなどの旧植民地の人々がいます。
一昔前は英文学といえば、多くがイギリスやアメリカで生まれた作品でしたが、
今は地球上のあらゆるところで、さまざまな出自の人の元から生まれています。

元は同じ英語という言葉で書かれていても、場所が変わり、文化が変わり、人が変われば、
なにかしら新しい響きが作品に加わります。
主人公の名前が聞き慣れない響きであったり、英語ではない現地の言葉がときに混じったり、
同じ英語でもそれぞれの土地の生活習慣に感化されて、使われ方が違っていたり。

地球上で書かれているさまざまな英語文学を、短編小説(またはエッセイ)の中に探してみたい。
作家たちの異なる視点、表現法、想いをいろいろ楽しんでみたい。
国境をらくらくと超えて飛ぶ鳥たちのように、作家たちは自分たちのみつけた言葉で歌をうたいます。
その歌声に耳を澄ますこと、それがこのプロジェクトの目的です。